2018年で1番ヘビロテしたコスパ最強ガジェット『Fire HD 8』をレビューしたよ!

どーも! 副業ブロガーのがるしーです!

ブログ『がるシーク』では副業でブログを1日1記事更新をしながらレビュー・お役立ち情報を中心に情報発信をしています!

さて2018年ももうすぐ終わりということで、振り返ると今年も1年いろんなものをネットで買っちゃいました。

ポチりまくってAmazonヘビーユーザーとなってしまった僕ですが、本日はその中で今年めちゃくちゃヘビロテした商品、2018年ベストオブ コスパ最強ガジェット「Fire HD 8」を紹介するよ!

Amazon「Fire HD 8」を1年ヘビロテしてみた!

f:id:garusi:20181224192722j:plain

「Fire HD 8」を購入したのは2017年の10月。

1年以上も使っていますがほぼ毎日触っているほど使いやすいです!

正直これひとつあればタブレットはもう十分ですわ。

では何がそんなに使いやすいのか、またどこが使いにくかったのか。

1年間使ってみたメリット・デメリットをざっくりまとめてみました!

メリット「Fire HD 8」の使いやすい点

  • 持ちやすく見やすいちょうどいい大きさ
  • 電池の持ちがかなり良い
  • Kindle本を無料で読むことができる
  • プライムビデオで動画が見放題
  • スマホをいじりながら使える

 

使っていて分かったメリットはこんなかんじ。

まず「大きさ」がとにかくちょうど良いですね!

本を見るために持ちながら使う場合や、動画を見るのに置いて使う場合、どちらにしても片手いっぱいにおさまるすごくちょうどいいサイズなんです!

f:id:garusi:20181224192747j:plain

見てよこの片手に収まるマジでちょうどいいサイズ!

持ちやすいうえに、画面も見やすいという完ぺきなスクリーンです。

バンド付きのカバーに入れることで縦持ちにして本を読むときも片手で余裕ですし、作業をしながら動画を見る時も十分な画質と大きさでしたね!

また「電池の持ち」に関しては1日動画を見ていても充電が切れないほどの性能。

何がすごいかって海外ドラマを朝からフルで7時間ほど再生していても、まだ残り約40%ぐらいあるので充電切れを気にすることがないんですよね!

フル充電しておけば「ヤバい…充電切れそう…」なんでことはまずありません。

サービスに関してもAmazonプライム会員は、「Kindle本」や「プライムビデオ」が見放題というのも大きかったですね!

マジでテレビがいらないぐらい色んな番組をやっているんですよ。

ちなみに僕は Hulu派なのですが「Fire HD 8」でも Huluを見ることができます。

詳しくはこちらの記事をごらんください!

Huluを見るために「Kindle Fire HD 8」を買ってみました!

そして最後はタブレット全般に言えることですが、「スマホをいじりながら使える」という点ですね!

「Fire HD 8」は「iPad」ほどの性能はないのでタブレットを使って何かするよりは、”ながら作業”で動画や音楽を流しながら使うタブレットに向いていると思います。

Amazonではプライムビデオやミュージックといったサービスが充実しているので、テレビやラジオ代わりに使うことが多かったですね。

ちなみに僕が思う「Fire HD 8」最強の使い方は「タブレットアームで寝ながら映画」です…!

そのタブレットアームを使っているレビュー記事はこちらをご覧ください。

タブレットアームでNintendo Switchを寝ながらプレイしてみた!

というかんじで1日中このFire HD 8をヘビロテして気が付いたら1年間フルで活躍していましたね!

デメリット「Fire HD 8」の使いにくい点

  • ハイスペックゲームには向いていない
  • 充電時間が遅い
  • カメラは完全におまけ機能
  • GPSが機能がない

 

逆に使っていて感じたデメリットはこんなかんじ。

さすがに「iPhone」と比べると「ゲームの処理速度」が気になるんですよね。

通常のフリックなどの感度やブラウジングのラグなどはありませんが、ちょっと重いゲームのロード時間などに時間がかかるのが気になりました!

「モンスト」もちょっとラグがあるぐらいなので必要スペックの高いゲームなど向いてないかも。

スマホより画面の大きなタブレットでゲームをしたい!という方はご注意ください!

あと高速充電ができないので「充電速度」も気になる点です。

「電池の持ち」に関してはさっき十分すぎるとレビューしましたが、その代わりに「充電速度」がけっこう遅いのが難点なんです。

フル充電には6時間ぐらいかかるので、1日使ったら寝る前に充電することを日課にすればまぁ目をつぶれる性能ですね!

また「カメラ」に関してはあまり性能はよくありません…!

「Fire HD 8」は200万画素なのでiPhone8と比べると6分の1の画素数しかないんですよ。

持ち歩いてカメラを使うということはあまりないのでおまけ程度の機能ですかね。

ちなみに画面のスクリーンショットはハッキリ写るのでご心配なく!

そして最後は「GPS」機能が付いていないという点ですね!

Wi-Fiがある環境なら位置情報を取得できますが、外に持ち歩いて歩きながら使うということに向いていないので自宅で使うことをメインに考えておくと良いですね!

セール時は割引でとにかくコスパが良い!

さてそんなメリット・デメリットがありますが、1番のメリットといえばコスパです!

16GBモデルで通常価格¥8,980と、とにかく安い!

これはコスパ最強タブレットと言われるわけですねぇ…。

しかもこのFireタブレットシリーズは、さらにAmazonセール時に大幅な割引が適応されるんです。

2018年のAmazonのセールと言えば、7月にあった「Amazonプライムデー」と、12月にあった「サイバーマンデーセール」などが記憶に新しいですよね!

その時の「Fire HD 8」価格はこんなかんじでした。

2018年「Amazonプライムデー」定価¥8,980 → ¥5,480(3,500円引き)

2018年「サイバーマンデーセール」定価¥8,980 → ¥4,980(4,000円引き)

これはほぼ半値ですね!!

タイミングよくこのようなセールに合わせて買うことで、さらにお得に購入することができるわけです。

購入するタイミングが合えば利用しない手はないですよね!

ということで2018年は「Fire HD 8」が僕の中でコスパ最強のガジェットに認定されました!

みなさんも超お得なタブレットをヘビロテしてみてはいかがでしょうか!?

ではでは。